システムエンジニアに定年はあるのか

システムエンジニアの定年として、35歳というのが一つの区切りになると以前は頻繁に言われていました。
今では転職に対する抵抗が無くなったり、キャリアを変えるのが普遍的になったので、以前ほどシステムエンジニアに関しても定年が35歳までとはいわれなくなりました。
それでもいろいろな事情で歳を重ねるほど、働く環境が厳しくなるとはいわれています。

特にシステムエンジニアならではのデメリットとして言われやすいのが、新技術を常に覚えなくてはいけないことです。
古い知識が生かせなくなることは決してありませんが、それでも常に新しい知識を仕事をしながら仕入れていく必要があるので、記憶力が若い頃ほど高くない人にとっては大きな苦労になります。
また長時間勤務が多い現場では体力的にも若い頃よりも厳しくなって来るという一面もあります。
さらに常に人の指示を受けるという働き方は,若い人間にしか許されません。
キャリアを積んでいる人間にはそれなりの給料が支払われるので、責任や能力も大きなものが求められてきます。

開発の現場でいつまでもいられない、ずっと現場にいるしかできない人間が働く場所がなくなってしまうというのは、SEならではの特に大きなデメリットと言えるでしょう。
35歳を超えるようになる頃には、管理職として働いたりマネジメント力を身に付けて、部下や後輩を引っ張っていける人材にならなくてはいけません。
転職市場で価値が有るのもそう言った人材になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です