企業システムエンジニアの定年の不利な点

フリーのシステムエンジニアは収入が不安定です。安定した収入を求めるなら、企業に属した方が有利です。
ただし、定年制を採用している企業などでは、働くことができる年齢が限られています。
一定の年齢を超えると、退社を余儀なくされます。
再び別の仕事を探す事もできるものの、高齢になってから別の道を選ぶのは大変ではあります。

ならば、定年を迎える前に早期にフリーとして独立するのも考えです。
まだ十分に時間に働ける間に独立すれば、再出発して新しいノウハウが吸収できます。
独立して始めは収入が不安定であるものの、じっくりと時間をかけ実績を積み重ねると、フリーの立場であっても満足いく収入が見込めます。
定年を意識するようになれば、別の道を考える機会です。早めに決断すれば、それだけ将来の安定が得られます。
何事にもメリットやデメリットがあり、一面だけでは良さが分かりません。
フリーの立場で働くことにデメリットが多いと考えてみても、いずれ会社を離れることを考えたなら独立する選択肢が出てきます。

少なくとも、システムエンジニアの独立の実状やテクニックについて、詳しい情報収集は事前に行った方が安心です。
できれば、実際にフリーの立場で仕事をしているような、システムエンジニアのベテランに話を聞いたり、独立エンジニアのセミナーで情報収集するのが確実でしょう。
フリーの事情を理解していると、いざ独立を決めた際に素早く対応ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です